空見 玲海の日記 ~お前は何をする人ぞ~

ソラミ レミです(もちろんペンネーム)。筆者が興味を持ったことやトライした事を、ジャンルごちゃまぜで書いていくブログです。世の中っておもしれぇ!何かあなたの役に立つといいな。

【家事外注の頼み方】派遣社員だけど掃除と料理の外注週2回頼んだリポートをしてあなたの心のハードルを下げる

f:id:solamiremi:20180616161636j:image

家事外注、利用してみたい!と思ったことはありませんか?
共働きだったり、子供がいたり、シングルでも仕事に集中したかったりと、とにかく家事に割く時間がない、その分の時間を他にやりたい事に回したい、と考えている人は実はけっこう多いと思います。

 

その割になんで利用者数が意外と増えないかというと
1)金額的なハードル
2)心理的ハードル

に分けられるかと。

 

この記事では、映画やドラマに出てくるようなキャリアウーマンでも何でもない、家事のニガテなゆるワーママが家事代行サービスをぬけぬけと頼んだ体験について書きます。

 

もくじ

 

ハードルの超え方

金額的なハードルについては「将来、ずっと頼めるようになるにはいくら必要かの調査費」として、一定期間(すごく忙しい時期が来るのがわかってたので)割り切って泣きながら払いました(;'∀')

 

心理的ハードルは、普通に考えると「年収も大したことない派遣社員(そうなんです)の自分が頼んでいいのか!?」って思いそうなところですが、先方からしたら、料金さえ支払ってくれればよいわけで。

子供が2歳くらいのイヤイヤ暴君期に何か月かお掃除一式を頼んでいた経験もすでにあったので、自分はわりとこっちは簡単に越えられるんです。当時も、まずは頼んでみてイヤだったらやめよう、という考えで、えいやっ!と試してみましたが、予想以上に「助かる」しかなかったです。



まずは事業者を選ぶ

お試しサービスの利用、から始まる場合が多いようです。
私も、まずはネットで2社ほどに絞り込んで、お試しサービスを利用する事から始めました。

 

1社目、事業者Aを試してみるが・・・

地元のベンチャー?なのかな?という某社さん。水回りと全体のお掃除をお試しサービス(有料)でお願いする。来てくれたのは、60代後半のアクティブな女性。
事前打ち合わせは、営業担当とのメールのみ。(えーー、大丈夫かな・・・)

まあ、普通にお願いした事を進めてはくれました。台所、お風呂、洗面所、トイレなどの水回りの掃除と全体の掃除機かけなど2時間。
ただ、時間を買う、と思っている私に対して、先方は「家事のやり方を教えてあげよう」と思っている感じが私はダメだった。
「これはこうしたらいいんですよ」っていうのが多くて。
家事のやり方も現代の知見を用いてアップデートされていない感じもして・・・。
例えば掃除だったら、今は「○○の汚れの成分は△△だから、◇◇を使うと傷つけずに落ちる」みたいな知識が現代は集積されてると思うのだけど、「この万能クレンザーで磨けば大抵落ちる」という方法を推していたり。
・・・えっと・・・お風呂や洗面所や台所の面につく細かい傷については・・・?
そこにまた汚れが入り込むサイクルが・・・えっと・・・という事を理解してもらうのが難しいと感じた。


価格的には、大手よりは安いけれど、「シルバー人材センター」よりは高いし、それだったら自分で探してシルバーさんを呼ぼうと思った。

なので、結局こちらは、お試しだけで終了になった。
(それでもキレイになって助かりましたけどね)

 

2社め、事業者Bを試して良かったので決める

子供が2才の頃に頼んだ事のある、当時はベンチャー、現在準大手という規模の某社さん。

まずは電話でコールセンターに依頼したい内容を連絡。
折り返し、コーディネーターさん(営業担当でしょうね)がお電話をくれて、ざっくりとヒアリング。後日家まで来てくれて(なので、日程調整は大変だが)どんな風にしてほしいのか、事細かに聞いてくれた。ちなみに、普段どんだけ散らかっているか分かってもらった方が所用時間の見積もりが正確に出るので、散らかっててすみませんー、と言いつつ取り立てて片付けてない家にあえてお迎えした。
しょーもないお願いも淡々と検討してくれた。
不在宅にも入ってもらう予定だったので、契約とかもちゃんとしていて安心感はあった。結局ここにお願いすることにした。

 

そして週1回お掃除に来てもらう。部屋がキレイって素敵

お掃除は週1回3時間来てもらうことになった。40代くらい~??の女性。
お風呂などの水回りに積もり積もった汚れを、だんだんキレイにしてもらう作戦。

洗濯機を1回分回す〜干すところまで、全体の掃除機かけ、台所(食器洗いも含む)、お風呂、洗面所、トイレ の水回りお掃除など。
事業者Aとは違い、こちらのやり方の好みを聞いたうえで、ベターな方法を提案してくれるのが納得感ある。
こちらで用意してほしい掃除道具や、先方で立替購入できる道具などを一覧にして示してくれる。(10年以上は営業している準大手なので、マニュアルができている)

 

排水溝のところとか、お風呂の水垢のついた鏡とか、びっくりする位にキレイになる。
時々社員さんも来て完成度チェックしていく。家に帰ってきて部屋がキレイって夢のようにうれしい!

 

次にお料理の作り置きを1週間分してもらう。パラダイス・・・

お掃除が何回か入って、台所に秩序がある程度できてから、人選も固まり、来てもらった。40代~くらい??の女性。

週1回3時間、スーパーでの食材の買い物〜晩ご飯のおかずの作り置き約5日分をお願いした。もちろん後片付けまで。


家に帰ったら、基本レンジでチンだけで済むように準備してもらった。
冷蔵で保存してもらう分が半分くらいと、ジップロックなどに入れて冷凍しておいてもらう分が半分くらい。

メニューは、最初3〜4回は希望を出していた。

ご飯は4合分炊いて茶碗1膳分ずつラップにくるんで冷凍しておいてもらう。

煮込みハンバーグ、とんかつ、酢豚、切り干し大根の煮物、ひじきと大豆の煮物、
筑前煮、さばの南蛮漬け、スパニッシュオムレツ、シーフードマリネ、などなど。


でもその後は忙しくなったし、好みもわかってきてくれていたので、おまかせにしていた。自分では思いつかないような、実にいろんなメニューを展開してくれて面白い。


自分には信じられないくらいの品数ができる。(3時間で10品以上とか!)
当たり前だけど料理が上手。

味の好みなどもあるので、初回は在宅してちょくちょく味見をさせてくれた。
その後の要望は、コーディネーターさんを通してメールや電話でやり取りした。


後半、娘のお弁当が始まってからは、「お弁当のおかずの作り置き」もお願いしていたので、朝のお弁当の準備が5分位で済んだ。これは本当に良かった。


たまに、スイーツなども作ってくれて娘が喜んだ。
(私は基本、手作りスイーツとか作らない人間なので・・・)

 

私が考えたのは、作ってくれた料理を食べる順番くらい。家に帰ってきて家族の夕食の心配がないって、ほんとに夢のようだ!

 

気になる料金の相場は

よほど大きい一軒家とか、ハイエンド層向けのメイドサービスを希望しない限り、だいたいですが、家族の人数1人につき、1か月あたり3万円くらいで料理・掃除込みの快適な生活は維持できると思われます。2人家族なら、6万円くらいですかね。掃除だけとかにしたら、この半分になりますし、2週間に1回来てもらうプランなどにすると、もう少し抑えられるでしょう。


マッチングサービスも今後使ってみたい

私はまだ頼んだ事がないんですが、「タスカジ」とか「CaSy」みたいなマッチングサービスを利用すると、安く頼めるので金額的ハードルはもっと下がると思われます。
(マッチングサービス系は、自分も在宅していないとちょっと不安があるな・・・)

家事代行/家政婦マッチングサイトなら1時間1500円からの『タスカジ』

家事代行・家政婦サービスは1時間2,190円のCaSy(カジー)


もうほんと、すっごく良いですよ(金銭面がクリアできたら)
物事に集中したいときに「夕食どうしよう・・・」とか思わなくていいんですよ。
疲れて帰ってきたときに「部屋きたねぇな・・・」って思わなくていいんですよ。


もちろん、人対人なので、やっていくうえで調整などは少しずつ必要ですが。
間に入ってくれる営業さんも有能だったし、実戦担当もいい人たちが来てくれたし。私は金銭面から及ばずで数ヶ月のみの依頼でしたが、
できればずっと頼みたいーーー!!!!!

 ----------------------------------

画像:Pixabay より